うすい百貨店オンラインショップ

商品数:0点 合計:0円 カゴの中を見る

HOME 配送について お問合せ ユーザーズガイド
    新築祝い

    新築祝いには、新しい家を建てたことに対する祝福と、これから始まる新生活を応援する気持ちが込められています。新築の知らせを頂いたら、一世一代の大きな出来事として一緒にお祝いしましょう。

    新築祝いのマナー

    【検索条件】 カテゴリ:会社同僚
現在、登録商品はございません。 トップ

特集別に見る

     
 
新しくお家を建てた方、またはマンションなどの新居を購入された方へのお祝いが新築(新居)祝いです。 人生の一大イベントであるマイホームの購入だけに、新築や新居購入のお知らせをいただいたら、心からお祝いをしたいものです。お祝いの品は、一般的に新居に招待された場合であれば、お披露目の当日に持参します。遠方やお披露目の機会を設けない場合など、招かれる機会がなければ、新築後半月から遅くとも転居1~2ヵ月以内に贈るのがよいでしょう。お披露目時に先方から希望を聞いて贈り物を決めたい場合は、当日にその旨を伝えて、1ヵ月以内に届くよう手配しましょう。
贈る相手や地域ごとの習慣もあるため一概にはいえませんが、祖父母やご両親、兄弟姉妹など身内の方であれば3~5万くらい、親戚の方で1~3万円程度、友人や会社の同僚などではおよそ1万円程度を目安に贈り物を選ぶのが一般的です。
新築祝いのギフトは、贈る相手の趣味を考慮した上で選ぶのことが大切。新居のインテリアとの兼ねあいもあるので、やはり先方から必要なものを聞いておくのがベストでしょう。聞けない場合は、お宅を拝見してから贈るのもひとつの手です。 一般的には、新生活に欠かせない日用品や装飾品などが好まれるようです。迷った時は、先方が新生活に必要な商品を選べるカタログギフトもおすすめです。引越しなどで新生活には何かとお金が入用なので、現金や商品券を贈るのもよいでしょう。ただ、目上の人には現金はタブーとされていますので注意しましょう。心にとめておきたいのは、新築祝いには火や煙は忌み言葉です。これらは火事を連想させるので控えたほうがよいとされています。ライター、灰皿、ストーブ、コンロをはじめ、赤い色の物、赤い花なども火を連想させるため、さけたほうが無難でしょう。
     
  何度繰り返してもよい新築祝い・新築内祝い慶事には、紅白の蝶結びののし紙をかけます。新築祝いの表書きは、「新築御祝」や「御祝」などを書き、蝶結びの下に贈る側の名字を入れるのが一般的です。