うすい百貨店オンラインショップ

商品数:0点 合計:0円 カゴの中を見る

HOME 配送について お問合せ ユーザーズガイド
    長寿のお祝い

    人生の節目となる長寿のお祝いには、いつまでも元気でいてほしいという思いを込めて贈りものをしましょう。ギフトにはメッセージカードを添えると、おめでとうの気持ちがより伝わります。

    長寿のお祝いのマナー

    【検索条件】 カテゴリ:おばあちゃん
現在、登録商品はございません。 トップ

特集別に見る

     
 
長寿祝いは、一般的には、満60歳(数え歳の61歳)の還暦からお祝いします。 本来は数え歳でおこなうのが慣わしでしたが、昨今では満年齢の誕生日に祝うケースが多くなっています。還暦(60歳)にはじまり、古希(70歳)、喜寿(77歳)、傘寿(80歳)、米寿(88歳)、卒寿(90歳)、白寿(99歳)、百寿(100歳)、茶寿(108歳)と続きます。お祝いに際しては、家族や親戚が集まって食事会やパーティーなどを催すケースが多いようです。贈り物については、お祝いに招かれていれば、当日の宴席で渡します。宴が開かれない場合やお祝いに招かれていない場合は、誕生日の1週間前から当日までに贈るとよいでしょう。ただ誕生日当日は、宴会会場やレストランなど、外でお祝いされるケースもあるので、その前日までにお届けすることをおすすめします。
先方が気兼ねせず、心から喜んでいただけることが大切です。特に相場というものはありませんが、贈る相手がご両親であれば2~3万円、祖父母であれば1万~2万円、親戚なら5,000円~2万円くらいの品物を贈るのが一般的です。それ以外の方には1万円前後の予算が多いようです。また、昨近では、子供や孫たちなどの兄弟姉妹が集まって高額な贈り物を選ぶケースも増えています。
先方が気兼ねせず、心から喜んでいただけることが大切です。特に相場というものはありませんが、贈る相手がご両親であれば2~3万円、祖父母であれば1万~2万円、親戚なら5,000円~2万円くらいの品物を贈るのが一般的です。それ以外の方には1万円前後の予算が多いようです。また、昨近では、子供や孫たちなどの兄弟姉妹が集まって高額な贈り物を選ぶケースも増えています。
     
  何度繰り返してもよい長寿祝いには、紅白の蝶結びののし紙をかけます。長寿祝いの表書きは、「御祝」や「祝還暦」「祝喜寿」など(年令に応じた名称に「祝」をつける)とし、蝶結びの下に贈る側の名前を入れます。家族みんなから贈る場合は「子供一同」などを入れるのが一般的です。