うすい百貨店オンラインショップ

商品数:0点 合計:0円 カゴの中を見る

HOME 配送について お問合せ ユーザーズガイド
現在、登録商品はございません。 トップ

特集別に見る

     
 
新しいお家を建てたりマンションなどを購入したら、新居のお披露目を兼ねて、お世話になった方々や友人を招待してパーティーをするのが新築(新居)内祝いです。休日などの昼間の明るいうちに新居を披露するとともに、軽食などでおもてなしをするのが一般的です。時期としては、引越しの後、新しい生活に慣れてくる頃の1~2ヵ月以内が目安となります。基本的には、お披露目のおもてなしが内祝いとなりますが、遠方などお招きできなかったのにお祝いをいただいた方、また新居披露の際に高額なお祝いをいただいたときには、お返しをするのがマナー。お披露目の日から2週間以内くらいで贈るようにするとよいでしょう。
新築祝いにいただいた3分の1から半額程度を目安に贈り物をするのが一般的です。 新居お披露目にご招待する場合は、お返しをする必要はありませんが、お茶やお菓子、タオルなど、手土産程度のものを贈るのもよいでしょう。
お祝いのお返しとしては、家は「人が住む入れ物」という意味合いから「容器」に関係するものが一般的です。漆器や陶磁器などの器やコーヒーカップ、湯のみ、パーティーセットなど、食器類のギフトがよく選ばれています。それ以外では、調理器具やキッチン用品、タオル、石けん、洗剤などの実用品、お菓子や飲料品なども多く見受けられます。ギフト選びに迷ったら、最近ではカタログギフトも人気です。価格帯も細かく分かれており、先方が自分の好みで選べるため、贈る側・贈られる側どちらにも喜ばれるアイテムです。
     
  何度繰り返してもよい新築祝い・新築内祝い慶事には、紅白の蝶結びののし紙をかけます。新築内祝いの表書きは、「内祝い」や「新築内祝い」などを書き、蝶結びの下に贈る側の名字を入れるのが一般的です。