うすい百貨店オンラインショップ

商品数:0点 合計:0円 カゴの中を見る

HOME 配送について お問合せ ユーザーズガイド
現在、登録商品はございません。 トップ

特集別に見る

     
 
出産内祝いは、本来は赤ちゃんの誕生を一緒にお祝いしていただくために、親しい方などにお赤飯や紅白の餅などを配る習慣をいいましたが、昨今ではお祝いをいただいた方へのお返しという考え方が一般的です。通常、お返しは出産後1ヵ月頃のお宮参りの頃までに手配するもので、遅くとも2ヵ月以内にはお届けするのがマナーです。出産後は体調を整えるのに時間がかかったり、赤ちゃんのペースにあわせるために生活のリズムが変わったりと何かと忙しくなるので、慌てずに手配を進めるためにも、妊娠中からあらかじめ品物を選んでおくことをおすすめします。
お返しの金額は、半返しといって、いただいた金額の半分程度のものを贈るのが一般的です。親戚や目上の方からなど高額な品物をいただいた場合は、3分の1程度でもかまいません。あまり相場にこだわるより、自分たちのできる予算の範囲で感謝の気持ちを表すことが大切です。いただいた品物の金額が分からない場合や、比較的安価なものをいただいた場合は、お菓子やタオルなどの気軽な品でお返しするのもよいでしょう。先方も特にお返しを期待してお祝いをくださるわけではないので、その気持ちに心からの感謝を伝えることを第一に考えましょう。
内祝いには、赤ちゃんの名前のお披露目をかねてお返しを贈れば、先方の喜びも倍増します。よく選ばれている品としては、石鹸やタオル、洗剤などの実用的な消耗品、お菓子やコーヒーなど日持ちのする食品などが人気です。また、赤ちゃんの名前入りのお返しも人気です。比較的親しい間柄であれば、日頃から趣向を調べておいて贈り物をすると、より良好なコミュニケーションにつながるものです。好みがわからなければ、先方が好きなもの自由に選べるカタログギフトもよいでしょう。特にお祝いはいただいていないもののお世話になった方などに贈りたい場合、相手の負担になるような高額な品はさけたほうが懸命です。ご近所の方や友人であれば、お茶やタオルなどの品でも十分に気持ちは伝わるものです。また、職場の同僚などグループでお祝いをいただいた場合は、皆で分けられるお菓子の詰め合わせなどがおすすめです。
     
  何度繰り返してもよい出産祝い・出産内祝い慶事には、紅白の蝶結びののし紙をかけます。出産祝いの表書きは、「御出産祝」とし、蝶結びの下に姓名を入れるのが一般的。出産内祝いの場合には、表書きは「内祝」、蝶結びの下には、赤ちゃんの名前を書き、難しい読み方の漢字であればふりがなを入れます。