うすい百貨店オンラインショップ

商品数:0点 合計:0円 カゴの中を見る

HOME 配送について お問合せ ユーザーズガイド

商品検索

〈ヴィックス〉 お星さまの加湿器
〈ヴィックス〉 お星さまの加湿器
税込価格 10,800 円
〈オムロン〉 耳式体温計
〈オムロン〉 耳式体温計
税込価格 4,320 円
〈オムロン〉 クッションマッサージャー(ディープブラウン)
〈オムロン〉 クッションマッサージャー(ディープブラウン)
税込価格 8,640 円
〈アディダス〉 リュック(ネイビー)
〈アディダス〉 リュック(ネイビー)
税込価格 10,800 円
〈チャンピオン〉 リュック(イエロー)
〈チャンピオン〉 リュック(イエロー)
税込価格 5,400 円
〈チャンピオン〉 ショルダーバッグ(ネイビー)
〈チャンピオン〉 ショルダーバッグ(ネイビー)
税込価格 3,240 円
〈レ トワール デュ ソレイユ〉 マザーズショルダーバッグセット〈ミュルチ〉
〈レ トワール デュ ソレイユ〉 マザーズショルダーバッグセット〈ミュルチ〉
税込価格 16,200 円
〈レ トワール デュ ソレイユ〉 マザーズトートバッグ(ヴェール)
〈レ トワール デュ ソレイユ〉 マザーズトートバッグ(ヴェール)
税込価格 8,640 円
マザーズバッグ&おむつポーチセット(ブラック×ピンク)
マザーズバッグ&おむつポーチセット(ブラック×ピンク)
税込価格 8,640 円
おむつポーチ(ブラック×ピンク)
おむつポーチ(ブラック×ピンク)
税込価格 3,240 円
〈ロゼンスター〉 肌湿度計
〈ロゼンスター〉 肌湿度計
税込価格 4,320 円
〈ロゼンスター〉 フェイシャル・クレンザー
〈ロゼンスター〉 フェイシャル・クレンザー
税込価格 3,240 円
〈タケダブラシ〉 タケダブラシチークブラシ(シッカリタイプ)
〈タケダブラシ〉 タケダブラシチークブラシ(シッカリタイプ)
税込価格 3,240 円
マザーズバッグセット(ベージュ×ブルー)
マザーズバッグセット(ベージュ×ブルー)
税込価格 10,800 円
マザーズバッグ&おむつポーチセット(ベージュ×ブルー)
マザーズバッグ&おむつポーチセット(ベージュ×ブルー)
税込価格 8,640 円
マザーズバッグ(ベージュ×ブルー)
マザーズバッグ(ベージュ×ブルー)
税込価格 5,400 円
マザーズバッグ(ベージュ×ブルー)
マザーズバッグ(ベージュ×ブルー)
税込価格 4,320 円
母子手帳ケース(ベージュ×ブルー)
母子手帳ケース(ベージュ×ブルー)
税込価格 3,780 円
おむつポーチ(ベージュ×ブルー)
おむつポーチ(ベージュ×ブルー)
税込価格 3,240 円
哺乳瓶ケース(ベージュ×ブルー)
哺乳瓶ケース(ベージュ×ブルー)
税込価格 2,700 円
     
 
出産祝いを贈る目安は、赤ちゃんの生後7日のお七夜から生後1ヵ月のお宮参りの間です。お宮参りの後に出産祝いのお返しを贈るのが一般的なので、その時期までに贈ってあげると、先方もまとめて手配ができるため喜ばれます。なお、出産後は退院してから2~3週間はママの体調を整える期間でもあり、実家で過ごされるケースも多いもの。赤ちゃんの生活サイクルもあり、何かと忙しいのでお宅に直接うかがってわたすよりも配送の方が無難です。直接お届けしたい場合は、先方の了解を得て、事前に都合を確認してからにしましょう。何らかの事情でお祝いが遅れてしまった場合でも、誕生から半年以内であれば失礼にあたることはありません。遅れたことをお詫びする手紙を添えて贈るとよいでしょう。
出産祝いの贈り物に決まった相場はありません。おおよその目安としては、贈り主が祖父母やご両親であれば2万円~5万円程度、ご兄弟であれば2万円程度、親戚の方なら1万円程度、友人では5,000円~1万円程度、会社の同僚などでは3,000円~1万円程度が一般的です。会社では部署内のメンバーの連名で贈るのもよく使われる手です。その場合、小分け包装のものをセレクトし、まとめて1万円~2万円程度の品物を贈ることが多いようです。
出産のお祝い品は、赤ちゃんのいる生活を考えて選びましょう。身内の方は、ベビーカーなどを選ばれる場合が多いのですが、他の方と重複する恐れがあるため、事前に欲しいものを聞いておくのがおすすめです。やはり、贈り物の一番人気はベビー服。赤ちゃんの成長は早いだけに、半年後から1年後に着られる80cm~90cmくらいのサイズが喜ばれます。何枚あっても便利な肌着やよだれかけ(スタイ)などは、生後6ヵ月くらいのサイズを選んでおくとよいでしょう。  他にもおもちゃ類や絵本なども定番の人気で、赤ちゃんの成長記録を残せるダイアリーやフォトフレームなどもよく選ばれています。選ぶ際には、赤ちゃんの性別やご両親の趣味なども意識しましょう。
     
  何度繰り返してもよい出産祝い・出産内祝い慶事には、紅白の蝶結びののし紙をかけます。出産祝いの表書きは、「御出産祝」とし、蝶結びの下に姓名を入れるのが一般的。出産内祝いの場合には、表書きは「内祝」、蝶結びの下には、赤ちゃんの名前を書き、難しい読み方の漢字であればふりがなを入れます。