うすい百貨店オンラインショップ

商品数:0点 合計:0円 カゴの中を見る

HOME 配送について お問合せ ユーザーズガイド
現在、登録商品はございません。 トップ

特集別に見る

     
 
結婚内祝いとは本来、身内の喜びを分かちあうお祝いとして、宴席を設けたり赤飯を配ったりしたことから始まったもの。現在では、結婚式に招待できなかった方や出席できなかった方からお祝いをいただいた際に、お返しとして贈り物をするのが一般的です。また、結婚式の際、高額なご祝儀をいただいた方に引き出物だけでは不十分な場合にもお返しすることが多いようです。贈る時期としては、披露宴や結婚式、あるいは入籍の時期から1ヵ月以内には届くように手配します。本来は新婚のお二人で相手宅などに直接持参するものとされていましたが、現在ではお店から直接発送するのが一般的です。親しい友人であれば、新居に招いておもてなしをするのもよいでしょう。
一般的には、結婚祝いでいただいた金額の半分程度の品物を贈るのが相場といわれています。高額の結婚祝いをくださる相手は身内の方が多いので、半返しでも高額になってしまうような品物を贈るより、ともに喜びを分かちあう気持ちを大切にして、心のこもったお返しをすれば十分でしょう。いただいた品物の金額がわからないときや、比較的安価なものをいただいた場合などは、お礼の気持ちとして気軽に贈れるものでよいでしょう。
いただいた方が普段使いできる実用的なものが喜ばれるようです。皆様とともに幸せを分かちあうものであっても、あまり個性的なものはさけたほうが無難です。選ぶ際には、先方の家族形態などを考慮するのは最低限のマナー。独身の方にお菓子の詰め合わせ、高齢のご夫婦にパーティーセットなどではかえってもてあましてしまいます。先方のライフスタイルを考慮して贈り分けることをおすすめします。例としては、シンプルで使い勝手のよい食器やインテリア雑貨、定番のタオルや石鹸であれば、素材にこだわった上質なものも人気のギフトです。相手に商品を選んでいただけるカタログギフトなども近年、人気のアイテムです。内祝いは結婚式に出席できなかった方へのお返しが多いので、引き出物のように贈り物に引き菓子や鰹節など、伝統的なお祝いギフトも添えて贈るのも結婚式の雰囲気を伝えてくれそうです。
     
  結婚祝い・引出物・結婚内祝いなどには、紅白の結びきりののし紙をかけます。のし紙に付ける水引きは、二度繰り返してほしくない贈り物には、結びきりを使います。結婚内祝いの場合は、表書きに「壽」か「内祝」、結びきりの下には、両家の姓か新郎新婦の名前を入れます。