「おめでとう」を贈りたい人、「ありがとう」を届けたい人のための、記念品専門ショップ


「日本を贈る」カタログギフト

出会いも贈る・カタログギフト

2020.01.27

お祝いやお返しに渡しやすいカタログギフト。
掲載されている商品の種類も豊富で、受け取る相手の必要なものを選んでいただけるので、アイテムとしては間違いはないはず。

ただ、カタログギフトに掲載されている商品は普段目にすることの多い商品ばかり。
新しい商品に出会うことはない。

しかし、「日本を贈る」カタログギフトは贈る相手に新しい発見・新しい商品と出会わせてくれます。
ちょっとだけ、桜コースのカタログの中身をのぞいてみましょう。

新しい商品との出会い

新しい商品

こんなものがあったんだ!
日常生活ではなかなか出会わない商品をちょっとだけご紹介します。

おしゃれで実用的!眼鏡の町のルーペ

眼鏡の街といわれる福井県・鯖江市で作られるルーペ。
しおりとして本に挟んで使用することもできる優れもの。
スーツの胸ポケットに"ちょこん"とかかっていたら、おしゃれで素敵ですね。
この商品をカタログで見る

まるで食べられそう!炭の脱臭剤

静岡県・榛原市で作られる本物のチョコレートそっくりの脱臭・除湿剤。
可愛いだけではなく、嫌なにおいだけを選んで吸着するという優れもの。
脱臭・除湿剤兼インテリアとしてリビングに飾ってもかわいいですね。
この商品をカタログで見る

曲げて使える!錫のお皿

富山県・高岡市で作られる錫のお皿。
純度100%の錫は非常に柔らかいため、外側の平らな部分は自分の好きな形に変形させることができる。
お料理や気分に合わせて曲げ伸ばしができるから、盛り付けも楽しくなりますね。
この商品をカタログで見る

新しい知識との出会い

茶畑

このカタログギフト、実は読み物としても面白いんです。
商品一つ一つ、生産地や生産者の情報などを丁寧にご紹介しています。
また、珍しい商品を取り扱っているので、初めて聞く言葉や聞いたことはあるけれど意味はよくわからないという言葉が出てくるかもしれません。
そんな時は調べてみて、新しい知識を増やすことができるのもこのカタログの魅力です。
今回はカタログに記載している内容に説明を加えながらご紹介します。

世界農業遺産に認定された茶草場農法

世界農業遺産とは、国際連合食糧農業機関(FAO)が世界的に重要な農業システムを認定する制度です。
静岡県の茶草場農法とは、茶草場※1のススキやササを刈り取り、秋から冬にかけて乾燥させたススキやササを茶畑の畝間に敷き詰めます。
これをすることで、おいしいお茶がさらにおいしく育つのです。
また、茶草場の草を1年に1度刈り取ることで「半自然草地」として、程よく人の手が入った状態を維持することができます。
これにより、人の手が入らない「自然草地」では生き残ることのできない生態系も存続可能となるのです。
手は掛かるけれど、お茶をよりおいしく生産したいという思いが、生態系の存続にも好影響を与えています。
茶草場農法で作られた商品を見る

「テロワール・特定農園から」のテロワールとは

テロワールとは、気象条件・土壌・地形・標高などその地を取り囲むすべての環境のことです。
元はフランス語で、ワイン作りに使用するぶどうの生産地の条件などによく使用される言葉です。
その地がこの日照時間・降水量・気温、かつこの土壌、この標高であるからこそ、この味・この香りになる。
特殊な条件が重なった特別なテロワールで生み出す製品は、他では出すことのできない個性を出すことができます。
特別なテロワールで作られた商品を見る

実は食べれるあの食材

ふぐの卵巣…実は食べることができます!
基本的に食品衛生法により食べることが禁止されている、猛毒なふぐの卵巣。
食べることができないと思いきや、2年以上の歳月をかけて毒抜きをし、食用とする技術が石川県のみにあるそう。
つまり、石川県通らずして食用のふぐの卵巣は生まれない。
なぜ石川県で行われる加工でふぐが無毒化されるのかということは未だ未解明だそう。
ふぐの卵巣の商品を見る

「日本を贈る」でありふれた日常にスパイスを加えてくれる、新しい発見や出会いも一緒に送りませんか?

カタログギフト
「日本を贈る」を見る
Next Site Top Back

Top