「おめでとう」を贈りたい人、「ありがとう」を届けたい人のための、記念品専門ショップ


Marriage family celebration

結婚内祝い

いただいた結婚祝いのお返しに、そして幸せのおすそ分けに。結婚のご報告を兼ねて感謝の気持ちを贈りましょう。

結婚内祝いとは、身内の喜びを分かちあうお祝いとして、宴席を設けたり赤飯を配ったりしたことから始まったもの。
現在では、結婚式に招待できなかった方や出席できなかった方からお祝いをいただいた際に、お返しとして贈り物をするのが一般的です。
また、結婚式の際、高額なご祝儀をいただいた方に引き出物だけでは不十分な場合にもお返しすることが多いようです。

  • 時期はいつごろがいい?

    「無事結婚しました」という報告の意味も兼ねて、披露宴や結婚式、あるいは入籍の時期から1ヵ月以内には届くように手配します。本来は新婚のお二人で相手宅などに直接持参するものとされていましたが、現在ではお店から直接発送するのが一般的です。親しい友人であれば、新居に招いておもてなしをするのもよいでしょう。

  • 結婚内祝いの相場は?

    結婚祝いでいただいた金額の半分程度の品物を贈るのが一般的です。いただいた品物の金額がわからないときなどは、お菓子タオルなど気軽に贈れるものを選ぶのがおすすめです。

ギフト選びのポイント

普段使いできる実用的なものが喜ばれます。選ぶ際には、先方のライフスタイルを考慮して贈り分けしましょう。結婚内祝いは結婚式に出席できなかった方へのお返しが多いので、引出物のように贈り物に引菓子や鰹節など、伝統的なお祝いギフトも添えて贈るのも結婚式の雰囲気を伝えてくれそうです。

ポイント!!

肌着などの直接肌につけるものや、下半身に身につけるものは「生活に困っているのでは・・・」という意味に受け取られることもあるので避けましょう。 かつては「切れる、こわれる」などを連想させる刃物や磁器、ナイフなどはタブーとされていましたが、現在はギフトにも使われています。 また、結婚祝いを頂く相手は目上(年上)の方が多いため、目上の方へ現金を返すのは失礼!という事から、内祝いで現金を贈るのは控えましょう。

のしについて

※のし紙はイメージになります。

表書き

【 寿 】( 両家の連名 )、【 内祝 】、【 結婚之内祝 】
※(【 結婚内祝 】は4文字になるために縁起が悪いので避けましょう )

水引き

紅白または金銀10本結び切り
( 蝶結びは 「 繰り返す」 という意味合いから好ましくありません。 )

名入れ

名入れが連名の場合は、右側を目上の人とします。
夫婦連名にする場合は、中央下段に夫の名前をフルネームで書き、
その左側に妻の名前だけを書くようにします。
名字または名字下に「家」を入れる場合もあります

Top