「おめでとう」を贈りたい人、「ありがとう」を届けたい人のための、記念品専門ショップ


Baby Gift

出産祝い

赤ちゃんだってキュートなグッズが大好き!赤ちゃんもママも楽しくなるプリントや明るいカラーのものを選べばにっこり笑顔がこぼれます。

出産祝いは、赤ちゃんの誕生を一緒に喜び、これから健やかに育っていくことを願って贈るギフトです。
また、大役を終えたお母さんにねぎらいの気持ちを込めて贈ります。

  • 時期はいつごろがいい?

    赤ちゃんの生後7日のお七夜から生後1ヵ月のお宮参りの間です。お宮参りの後に出産祝いのお返しを用意するのが一般的なので、その時期までに贈ってあげると、先方にも喜ばれます。お祝いが遅れてしまった場合でも、誕生から半年以内であれば失礼にあたることはありません。遅れたことをお詫びする手紙を添えて贈るとよいでしょう。

  • 出産祝いの相場は?

    贈り主が祖父母やご両親であれば2万円~5万円程度、ご兄弟であれば2万円程度、親戚の方なら1万円程度、友人では5,000円~1万円程度、会社の同僚などでは3,000円~1万円程度とするのがおおよその目安です。 連名で贈る場合は、小分け包装のものをセレクトし、まとめて1万円~2万円程度の品物を贈ることが多いようです。

ギフト選びのポイント

出産のお祝い品は、赤ちゃんのいる生活を考えて選びましょう。赤ちゃんが触れるものですから、安全で安心できるものを選びましょう。

ポイント!!

流産や死産などの不幸な結果になってしまったら贈った相手に対してとても失礼です。そのため出産祝いは決して出産前に贈ってはなりません、これはタブーです。 2人目以降のお子様の場合、既にベビー用品をたくさん持っていると思われますので、珍しいギフトや消耗品などが良いでしょう。性別が違う場合は、衣類でも喜ばれます。また、赤ちゃんに注目が集まる中、上の子にもちょっとしたプレゼントをすると大変喜ばれます。

のしについて

※のし紙はイメージになります。

表書き

【 祝 御出産 】【 御祝 】【 御安産御祝 】【 御出産御祝 】
などと書きます。

水引き

紅白5本蝶々結び(『何度あっても喜ばしい』ので蝶々結びを使用します。)

名入れ

名入れが連名の場合は、右側を目上の人とします
夫婦連名にする場合は、中央下段に夫の名前をフルネームで書き、
その左側に妻の名前だけを書くようにします。
名字または名字下に「家」を入れる場合もあります。

Top