トップページへカゴの中を見るmyページへ会員登録お問い合わせユーザーズガイド
古来より受け継がれてきた贈り物のマナー。「忘れてしまった!」では、すまされない大切なこともたくさんあります。お贈りする方に失礼のないように、気持をきちんと伝えるために、マナーを事前にチェックするように心がけたいものです。
贈り主のこころが表れると言われる贈り物は、相手の方を思いやるこころの象徴でもあります。受け取られた方によろこばれ、いつまでも記憶に残る贈り物をするために、気になるギフトのQ&Aをご用意しました。大切な方やお世話になった方に、失礼のないように細心の注意を払い、最高の贈り物をお届けしましょう。
引出物意味は?
引出物とは、披露宴に出席いただいた方に、お土産としてお渡しするもの。披露宴の当日、主催者である新郎新婦と両家の親が、出席いただいたお礼の気持ちをこめてお贈りします。そもそも、引出物とは、平安時代の祝宴の際、大切な来賓に相手を思いやる気持ちを込めて馬を土産として贈ったことに由来するしきたり。お贈りした方に喜んでいただけるように、思いやりをこめてお贈りしましょう。
引出物ご予算は?
引出物は、ついゴージャスなものを選びたいと思いがちですが、引出物の金額は、披露宴の飲食費3分の1から半額程度が目安です。あまりかけ離れた金額のものは、かえって失礼になりますので十分に気を付けましょう。
引出物を選ぶコツは?
出席者の年齢も家族構成もさまざまなので、全員共通のものにする場合は、どんな年代や趣味の方にも受け入れられる、品質の良いものを選ぶようにするのがよいでしょう。昔は、かつお節や祝い菓子が多かったのですが、最近では、いくつあっても困らない食器などの実用品や記念に残る品物が選ばれるケースも多いようです。1家族で複数名が出席している場合は、別のものを用意するなど心配りもお忘れなく。また、大きなものや重たいものは、持ち運びに困るので避けましょう。出席者は、正装で出席していることも考慮して、和装やヒールの高いクツでも、持ち帰りやすい大きさや重さにも気を付けて選ぶことが必要です。
引出物は地域によって違う?
引出物は、記念品1品に、引菓子に縁起物の組み合わせで3品が多いようです。地域によって数や組み合わせる種類が違う場合もあるので、結婚する相手方にきちんと確認しておく注意が必要になります。
贈る相手の趣味や嗜好も考える?
贈る相手の趣味や嗜好を考えて贈るのが、本当の贈り物上手。お贈りいただいたものが、自分の大好きなものであれば、受け取られる方は、こころからよろこんでくださることは間違いありません。親しい間柄であれば、日頃のおつき合いのなかで、その方の趣味や嗜好は自然とわかるはず。受け取った方の笑顔が見える贈り物を常に選ぶこころ遣いを、いつも忘れずにいたいものです。
贈り物に迷った時には、何を贈る?
贈り物選びに苦労したというのはよく聞く話です。何をお贈りしていいのかわからない時には、「カタログギフト」など個性的なデザインを避け、ベーシックなものなど、一般家庭で日常的にお使いになるものを選ぶなど、どなたにお贈りしてもよろこばれるものにするのがよいでしょう。
贈り物のサイズはどのくらいがいい?
せっかくいただいたものが、「大きすぎて困った」などという経験はありませんか?いただいた時には、大きくて立派だと感心しても、いざ置く場所を考えてみたら収まる場所がなかったなどという悲劇もなきにしもあらず。特に、お土産としてお持ち帰りいただく場合などは、重すぎたりかさばったりしないものを選ぶことが大切です。
引菓子の意味は?
まだ甘いものが貴重だった時代に、お祝いの席にご出席いただいた方々へ"幸せのおすそわけ"として、小豆あんを主としたお菓子を引出物に添えて贈ったのが、引菓子のはじまりと言われています。古くは「紅白饅頭」や、鶴・亀・松竹梅などの縁起物をかたどった落雁(らくがん)のような「干菓子(ひがし)」が主流でした。現在では一般的に、バームクーヘンや、焼き菓子類の詰め合わせが人気のようです。
縁起物の意味は?
かつお節には、かつおの背中の部分からつくる『雄節(おぶし)』と、おなかの部分から作る『雌節(めぶし)』があります。この2つをあわせると1対になります。雄節と雌節を合せた形が亀の甲羅に似ていることや、表面の黒皮、肌の笹模様、先端の梅形の削り方が松竹梅に見立てられ、かつお節はおめでたい席には欠かせない贈り物となっています。結婚式では「新郎・新婦の二人が揃って一つの形をつくる」ということに結び付けられています。

Top