八幡馬の歴史

青森県八戸市を中心に、南部地方にある郷土玩具。
約700~750年前に京方面からやってきたひとりの木工師が造った木彫りの馬が八幡馬の元祖されています。今では福を呼ぶ馬としてお祝い事の記念品として親しまれています。

※写真はイメージです。

青森県伝統工芸士 大久保直次郎 作

現在ただ一人の伝統型鉈彫り製作者、大久保直次郎氏が飛躍する姿勢を表した特製八幡馬を、午年を記念して運気上昇の願を込め通常の八幡馬より上向きに反った今回限り製作の限定品です。

※色は赤と黒で上記金額は1体の値段です。

※ご注文から商品の発送までは3週間のお時間をいただきます。

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

ログイン

ログイン

検索条件

価格検索

円 ~

商品カテゴリー